YA本 中学図書室 あずまの章 「堀川さんはがんばらない」

遅刻常習のやる気のない高校1年女子の堀川さんが、人助けで入部した弓道部だが、その弓道部は存続の危機にあった。 4人だけで再スタートを切った弓道部で、堀川さんはやる気がないながらも周りを巻き込み、楽しく部活生活を送っていく。 個性ある弓道部の部員や顧問、女子に嫌われる幼馴染み、無駄に美人の新しい友人と、登場人物も揃って、さくさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 高橋秀実 「弱くても勝てます」

開成高校野球部についてのノンフィクション。 練習は週一回。エラー頻発でも、思いっきり空振りしてもお咎めなし。 部員は理路整然と自分の野球はなぜ下手なのか、について説明する。 監督はそんな開成野球部が勝つにはどうするのか、これも理路整然と説明する。 守備ではなく打撃で、どさくさにまぎれて勝つ! 野球は点を取る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 坪田信貴 「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」

通称「ビリギャル」。映画化され、話題になった実話です。 高2のさやかちゃんは、金髪で厚化粧、へそ出しミニスカートの「ギャル」。 聖徳太子のことを「せいとく たこ」と呼び、Hi, Mike! を、「ヒー、ミケ!」と読み、東西南北がわからない。 偏差値30、学年ビリのギャルが、一人の塾講師と出会い、慶応大学に受かるまでのス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 鎌田實 「雪とパイナップル」

チェルノブイリ原発事故後、白血病を発症した少年を日本の医療関係者が救おうと努力するが、少年は亡くなった。 医者として少年を救えなかった著者が、少年の家族を訪ね、そこである日本人看護師の話を聞く。 生前、移植手術で食欲がなくなり、体力がもたないというとき、日本人看護師が何なら食べられそうか少年に尋ねる。 経済が破綻して必要なも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 ひろさちや 「『がんばらない』人生相談」

14歳の少年少女の「人間は何のために生きているのか?」という問いに対し「人生に目的はない」と答える著者。 「寝ているウサギを起こさないカメは良くない」 「いじめは競争のある場所ではなくならない」 「親友は一生に一人みつかるかどうか。人間は基本的に孤独。」 「怠け者は怠け者のままでいい」 世間でよいとされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室  カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」

臓器「提供者」の「介護人」である主人公、キャシーの子供時代と青春時代が彼女の独白で語られる。 途中までは心理描写や人間関係の描写が細かすぎて読み進めるのが少しつらかったが、後半からは止まらなかった。 読み終わって半日経ってもまだこの本のことを考えている。主人公たちの人生について考えている。 重いのだけど、中学生はこれを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室  坂木司「和菓子のアン」

高校は卒業したけど、特にやりたいことも得意なこともない杏子。あるのは食欲とぜい肉と愛嬌だけ。 それでもなにもせずにいるわけではないので、消去法で選んだ職場はデパ地下の和菓子売り場の販売員。 そこで出会う和菓子の奥深さ、人との関わりが描かれます。 素直な杏子が周囲の人々に愛され、成長していきます。 中学図書室に○。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館関係者研修会に参加して

図書館関係者の研修会に参加した。とても興味深かったので、備忘録として記しておく。 始めは県立図書館からの報告。印象に残ったのは、予算が少ないこと。年々減少していて、今では他の都道府県平均の半分以下の額である。その中で利用者の期待に応えるにはどうしたらよいか、優先して取り組むことについての基本的な運営方針についての話があった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室  高野苺「orange」

漫画のノベライズ。10年後の自分から手紙が届いた。これから転校生が来る。彼を救ってほしい。彼は1年後に死んでしまう・・・  疑問を持ちながらも、手紙に書いてある通りのことが次々起こる。転校生の翔に惹かれた主人公は、彼を救おうとし、すこしずつ未来が変わっていく。 友情が心に響きます。 中学図書室に○ 映画ノベライズ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 ラウラ・ガジェゴ・ガルシア「漂泊の王の伝説」

砂漠の王国の王子ワリードは、聡明で万能な王子であった。 しかし詩のコンクールで貧しい絨毯織りに破れ、嫉妬のあまり絨毯織りに無理難題を押し付け、最後には人類のすべての歴史を織り込んだ絨毯を作るよう命じる。寝食を忘れて憑かれたように絨毯を折り続ける絨毯織りに恐怖を覚えた王子は、やめさせようとするが、時すでに遅く、完成した絨毯の傍らで絨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 誉田哲也 「武士道シックスティーン」

小さなころから剣道一筋、愛読書は武蔵の五輪書という全中2位の中3女子が、楽勝と思っていた市民大会で同じく中学生の平凡な女子に負けてしまう。 なぜ負けたのかわからない主人公は、その負けた相手と戦うためにその女子がいると思われる高校へ入学するが、そこでみたライバルは勝ったり負けたり、強いのか弱いのかわからない、剣道をはじめて3年しか経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5年生の読み聞かせ 「ウェン王子とトラ」

子どもたちを人間に殺された母トラが村や人間を襲います。 王子をトラに差し出せばおさまるだろうという占い師の言葉に、王と妃は泣く泣く王子をトラの元へ差し出します。 トラは王子を我が子のように育てますが、王子をとりかえすために王は森に兵を出します。 力強い墨で描かれたような絵が印象的で、子どもたちが物語の中に引き込まれます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 有沢佳映 「アナザー修学旅行」

足を骨折して修学旅行に行けなかった中学3年生の主人公が、様々な理由で同じく修学旅行に行けなかった他の6人とガランとした3年生の教室で3日間を過ごす。 たいして話したこともない、接点のなかった生徒たちが、非日常的な時間の中ですこしずつ打ち解けていく様が主人公の女子の視点で描かれる。 その中である事件が起きるが、一見バラバラな7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 梨木香歩 「西の魔女が死んだ」

中学校に行けなくなった女の子が、田舎にすむ「魔女」のおばあちゃんと暮らす。 毎朝鶏の卵を拾って朝食を食べ、野菜やハーブを育て、野いちごをつんでジャムを作り、シーツを足踏みで洗濯して両手でぎゅーっとねじって広げて干す。そんな穏やかで大切な毎日の中で、おばあちゃんの愛をもらって過ごす。 おばあちゃんや一族の過去とひみつ、魔女にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 瀬尾まいこ 「そして、バトンは渡された」

高校3年生の優子は、 2人目の母親の3番目の結婚相手と二人で暮らしている。 いままでの父や母の再婚相手たちはみな良い人で、優子のことを大切にしてくれた。 高校生活、友達、恋愛と他の子とかわらない日々を過ごしている。先生から何か困っていないのか心配されるが、困ったことに何も困っていない。 愛に溢れた物語で、最後の方は涙が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 井上真偽 「探偵が早すぎる」

5兆円の遺産を巡って女子高校生が一族に命を狙われる。 暗殺計画を未然に防ぎ、同等の報復を与える探偵が活躍するミステリー。 上巻を借りたら中二の息子がさっさと読み、下巻を読み、また2回目を読んでいた。 中学校図書室に○ 探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)講談社 井上 真偽 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 宮下奈都 「よろこびの歌」

新設の女子校に集う挫折感を抱えた少女たちの物語。 有名なバイオリニストを母に持つ女の子は音大付属高の受験に失敗。 ピアノが欲しかった女の子はサンタにピアノをもらえなかったうどん屋さんの娘。 中学校でソフトボールのエースだった女の子は、肩を壊してスポーツ推薦で決まっていた高校を辞退した。 それぞれ抱えた思いが、合唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 香月日輪 「地獄堂霊界通信」

小学生の悪ガキ3人組が、薬屋地獄堂のじいさんと怪しげな世界にどんどん関わっていくお話。 曲がったことが嫌いな3人のキャラクターが気持ちいい。主人公たちは小学生だが人間の裏のドロドロした部分をかなり見せられる。結構グロテスクな場面もあり、人間の怨念も怖い。 児童書、、ではないので図書館でもYA本の棚に並んでいたのかな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室 西尾維新 「美少年探偵団 きみだけに光りかがやく暗黒星」

中学2年の女の子が10年間にみた星を探すため、中学の謎の「美少年探偵団」が動き出す。 読み始めた時、漫画の有閑倶楽部を思い出した。 個性豊かな美少年探偵団だが一見ふざけているように見えて本気を出すと各々の才能を発揮し、さらにヘリも警察も動かして裏の組織と対峙する。 アニメになったらおもしろそう。 中学図書室に○。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA本 中学図書室: 宮下奈都 「ふたつのしるし」

本当は美人で勉強ができるけど、目立たないように本当の自分を見せない女の子の成長と、いつも一人で蟻の行列を見ているようなはたから見るとぼーっとした男の子の成長が並行して描かれる。 そして震災の日に二人は出会う。 途中、二人にいろいろなことが起こり読むのが辛くなったが、終わリは温かい。 この作家の本は2冊目だけど、許される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more